喫茶店遠いあの日〜

  作詞:PUYO 補作:MOTO  曲:MOTO



見慣れた街の  見知らぬ喫茶店
高い背もたれのイス   サイフォンから
ゆっくり落ちる   琥珀色の
珈琲みつめ  遠い日の  あの頃を 思い出す

年下のあなた 年上の私
一途に愛してくれた なんの拘りもなく
あなたの愛 受け入れなかった
あの時の 私今も  悩み続ける



冷めた珈琲 カップについた
口紅の跡  立ち昇る  タバコの煙 
ほのかにゆれる アルコールランプの
炎見つめ  遠い日の  自分を振り返る

ドラマのようだった あの頃の暮らし
あなたを深く愛した なんの迷いもなく
同じ場所 見つめ一緒に
歩いてた だけど今は 私だけ立ち止まる



ティースプーンに映る 歪んだ顔見つめ
あなたを愛した時間(とき)を さかのぼる
けだるい朝の  部屋にただよう
あなたがたてた珈琲の 香りを思い出す

思い出の数だけ  頬つたう涙
答えなんてみつからないのに
自分に 問いかけてみる
本当に  これでよかったの?
あの時の 私今も  悩み続ける・・

                                                   Poem Top
- Copyright (C) 2003〜2012 PuyoRights Reserved -