降り積もる雪

作詞:okei☆Puyo&たま
作曲:okei☆Puyo

 

ふわり ふわり 雪の音が聞こえるほど静かな夜

白く色づくタクシー乗り場

二人は黙ったまま昔を思い出す



繋いだ手と手をさりげなく コートのポケットに入れて歩いた遠い日

言葉はなくても心は通いあってた

あなたのぬくもり素肌に感じていた

どこで間違えたの?

どこまで引き返せばいいの?

二人の心も身体も寄り添ってた温かな冬




こんなに近くにいるのに あなたとの距離が果てしなく遠く感じる

こんな別れの日が まさか来るなんて

いつから違ってきたの?

どうしてすれ違ってしまったの?

掛け違えたボタンはもう元には戻らない冷たい冬



立ちすくむあなたに雪は降り続く

これ以上あなたを苦しめないわ

私から言うわさよならを




ふわり ふわり   あなたの  肩に

降り積もる 雪








              
Poem Top


- Copyright (C) 2003〜2012 PuyoRights Reserved -