サムディ   5級

Music by R.Carpenter
Arr. by M.Matsuda

 

副論文(22才のPuyoが書いたままアップ)

 これは、柔らかいゆっくりとした曲なので、身体全体でムードを出せるようにするのに苦労した。
エレクトーン演奏歴が浅い事と、他の演奏者の演奏状態の観察に欠けているところから、身体を動かして演奏する事に不慣れな為、苦労したのである。
 また、途中から左手のリズムが変わり、右手が和音演奏になる部分においては、テンポが前半とはまるで変わってしまい、他の曲を演奏しているようになり、注意された。それを同じテンポで演奏出来るようになるまでには、かなりの時間を要した。
 練習内容は、リズムボックスをONにして弾いて、直ぐ後OFFにして弾き、という繰り返しであったがその練習が実って現在の演奏となった。